オフショア会社設立:

香港法人設立

なぜ香港:

  • 香港はアジアの中心地、アジアへの進出を目指す会社のゲートウェイ として機能しています。いわずとしれた中国への玄関口ですが、特に隣接している華南経済圏への資金調達、資材の供給基地としての機動的な役割は、実際上非常に重要になってきます。
  • 香港は、比較的税率が安く課税もシンプルですので、同じ仕事を日本 と香港で行った場合、香港の方がはるかに税金が低く済みます。また、相続税・贈与税・投資による利益については課税されません。
  • 香港は金融政策に力を入れており、金融の街として成長を続けています。世界にはありとあらゆる金融商品が存在し、日本では購入できない金融商品も多数あります。
  • 世界トップクラスの取扱高を誇る港湾設備や空港・倉庫・運送など、貿易や物流に関するインフラが整っています。
  • 名義人制度による守秘性が高い国でございます。香港の会社はまた名義人を設定することにより、会社の本来の所有者が表に出ることがありません。
  • 香港では英語及び中国語(広東語)が公用語として使われていることで、ビジネス言語や契約等も英語で締結することができます。
  • 香港では1973年から為替管理法が撤廃されており、香港における資金調達、通貨交換、海外からの送金、海外への送金等が自由に行えます。
宝顺服务
Email*
メッセージ